宝石の煌めき

4人集まると以前は「ごいた」をやっていたのだが、最近は「宝石の煌めき」になっている。このアプリが発売されたこともあって、空き時間アプリをすることが多い。アプリでやっていると、リアルでやってみたくなる。
(まぁ結局、アプリのアルゴリズムでなくリアルの人間の思考の方が好きなのである。)
まず宝石トークン(ポーカーチップ)をカチカチ重ねて取っていく、このカチカチ音が楽しい。順番が回ってきたら3枚づつ、同じ種類のトークンなら2枚、手持ち10枚までしか取れないので、序盤は我先にトークンを使ってお安いカードを効率良く取っていく、「他の人は何集めてる?」とチラチラ見て考えていかなければ、終盤に差し掛かる頃、まさかの役立たずカードだらけで、私は一体何をしたかったのだ!?他の人にサッサと15点取られて終了になってしまう。ゴールドのトークンも取り方を考えてタイミング良く使わなければ、無駄金になってしまう。効率良く取って集めたカードやトークンが、最終局面の得点の伸びに繋げなくては勝ちが見えて来ない。メンバーによって、勝てる気がしないゲームでも、つい参加してしまう。そりゃ、もちろん他の人の勝ち筋を見てみたいっていう興味本位もありますが・・・ルールが分かりやすいので、万人受けする寿命の長いゲームになればいいんですけどね。宝石の煌めき