ドラゴンバスター

ドラゴンバスター

ドラゴンバスター

ドラゴンバスター

ナムコが1985 年に発表したアーケードゲームを、翌年にボードゲームとして世に送り出したのが本作である。ボードゲームのデザインも同じくナムコが担当している為、アーケード版では出なかったモンスターが登場するなど数々のアレンジが加えられている。

ゲームの内容は勇者となり、マップ上を勇者フィギュアを移動させながらモンスターを倒してアイテムを得てレベルアップし、ラスボスのグレートドラゴンを倒してお姫様を助け出すのが目的な王道RPGである。1人に1枚プレイヤーシートが与えられ、筆記用具で勇者の状態を記録していくTRPG風なボドゲでもあるのだが、初期の勇者はとても弱く蛇にも苦戦するため、序盤はうまく立ち回って武器や防具等のアイテムをいち早くゲットするのが鍵となる。また、グレートドラゴンはラスボスだけあってかなりの強敵なのだが、倒した後にさらにお姫様の呪いを解くためのチャレンジ(失敗するたびに体力が減る&途中離脱不可)があり難易度はかなり難しめとなっている。

ゲームの方は前途のごとく全員苦労しながら進めていく展開となったが、私と会長の時だけ渡る橋が何故か壊れ(1/9 の確率で壊れる)、マップ上を混乱に陥れるが、自分で壊した橋を自ら修理してLVアップを図るマッチポンプ作戦を展開した2人が1歩リードしたまま中盤を迎え、そのまま2人は手下のドラゴンをそれぞれ討伐して後はラスボスのグレートドラゴンを倒すだけとなった。ここでどちらが早くラスボスを倒すのかの競争となったわけだが、私はグレートドラゴン手前の橋がまたしても壊れて1回休み(笑)。会長はそのままグレートドラゴンとの決戦に挑むが、攻撃力とサイコロ運がわずかに足りずグレートドラゴンと相打ちとなってしまう。その後橋を修理して復活したグレートドラゴン(お姫様を助けられないと復活する)の後を追った私が見事グレートドラゴンを倒し、さらにお姫様の解呪も残り体力1(w)でやっと成功してなんとか勝利を収めた。

いや、久々にプレイしたが今回もスリリングな展開が楽しめたので大変良かった。ファンタジーな雰囲気をとても味わえる作品なのでそこも高評価である。ただ、流石にインスト込み3時間は長い為に頻繁には立てられないが、それでも1986 年の作品だと考えれば十分妥当と言えるだろう。また機会があればプレイしてみたい。(今回は4人戦)(No.227-kazi)